半月板損傷

調布市・西調布の皆さん!こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 膝に水が溜まっている
  • 急に膝が動かなくなる
  • 膝の曲げ伸ばしすると痛む
  • 正座が出来ない
  • 階段の昇り降りがつらい

膝関節には半月板という2つの軟骨があります。

半月板は関節内の内側と外側にあり、
衝撃を和らげるクッションの役割膝関節を滑らかに動かす役割があります。

その半月板が損傷してしまうと膝を動かそうとした際に、引っかかり感痛みを感じてしまうことがあります。

 

半月板損傷の原因は?

半月板損傷の原因は大きく分けて2つです。

1つ目。
スポーツ中の怪我から半月板を損傷してしまう場合。
膝に体重がかかっている時に膝を捻ってしまうと半月板が損傷してしまう場合があります。

痛みを我慢しながらスポーツを続けて悪化してしまうと手術をすることのなりますので
痛みが出たら早めの対処をおススメします。

2つ目。
加齢による半月板の変性によるもの。
”膝関節は消耗品”と呼ばれるくらい年齢とともにその機能が低下していきます。
それは、膝関節の中にある半月板も同様です。

特に、40歳以上になってくると半月板損傷を起こしやすくなります。

西調布駅前整骨院での半月板損傷の施術方法

西調布駅前整骨院では半月板損傷の患者さんの場合、最初に痛みを緩和させるための施術を行います。

半月板損傷により膝の痛みが強い方

膝の痛みが強く日常生活に影響がある方に関してはその痛みを取るために
ハイボルト電気機器を使ったハイボルト療法があります。

このハイボルトという機械は神経に直接作用することで、痛みの原因となる炎症を抑えることが出来ます。

同時に、膝関節のどこに痛みの原因があるのかを検査することも出来ますので
これから根本的に治療をしたい方へ、その後の治療方針をご説明できるようになります。

nishichofu-seikotsu.com/ハイボルテージ療法

半月板損傷の原因が骨格の歪みにある場合

矯正半月板損傷を起こしやすい方の特徴として、骨格が歪んでいる方が多い傾向にあります。
骨格が歪むことで膝関節にかかるストレスが増え、半月板が早く劣化してしまいます。

膝にかかるストレスを軽減させるために、西調布駅前整骨院では
骨格矯正治療を行っております。
当院の骨格矯正では、2つの方法から骨格にアプローチしています。

患者様のお身体を大きくゆっくり動かし関節の動きを整える手技療法
機械を使い、細かい関節をミリ単位で整えるトムソンテーブル矯正

2つのオリジナルの矯正を行うことで、患者様のお身体のサポートをさせて頂きます。

骨盤矯正
nishichofu-seikotsu.com/骨盤矯正
猫背矯正
nishichofu-seikotsu.com/猫背矯正

骨格の歪みがインナーマッスルの低下から起きている場合

お身体の負担を減らすためには骨格を整える必要があります。
骨格が歪む原因として増えてきているのが”インナーマッスルの低下”です。

骨格を支えたり、疲労や負担に負けない身体を作るためにもインナーマッスルの強化はとても重要です!!

西調布駅前整骨院では、機会を使ってインナーマッスルを鍛えるトレーニングプログラムがあります。
インナーマッスルを強化することで今後痛みが出にくいお身体を作るお手伝いをさせて頂けます。

nishichofu-seikotsu.com/楽トレ